2020-2021年度クラブ運営方針

「今だからこそ、共に考え行動しよう」

 

~坂出ロータリークラブにできることを伝統ある深い絆で~

坂出ロータリークラブの会長職を1年間努めさせていただきます、津島裕樹と申します。若輩者ですが一生懸命クラブ運営に努めますので、何卒宜しくお願い致します。

 

 さて、本年度のクラブ方針を決めている現在、私の短い人生では考えてもいなかった非常事態がこの日本国で、また世界中で起こっています。“コロナウィルス”この未曾有の恐怖に誰もが先行き不安となり、また誰しも未来が予測できない状態に混沌とした日常生活を送っているのではないでしょうか。現在残念ながら当クラブの運営もままならない状態で、メンバー同士が一堂に会する機会もない状況です。政府の施策による外出の制限、また多くの人が集まる会合の自粛。国際ロータリー会長の ホルター・クナーク氏、また第2670地区のガバナー 篠原 徹氏からは本年度の方向性や、各クラブについての要請が少なからず出ております。しかし今、我々が日々置かれている状況を経験する前の指針であると私は考えます。国際ロータリークラブ会長エレクト ホルター・クナーク氏の今年度のテーマは「Rotary Opens Opportunities」(ロータリーは機会の扉を開く)です。我々は少なからずと、共有する価値観の下に集まっています。その認識は不変で有り時代や、歴史的背景を基準に少しずつ形が変わっていくのはしかるべきです。当初、私は会長予定者段階で、2つの目標を掲げました。

 

1つ目は会員の増強、拡大を実施し共にロータリアンとして意義を分かち合うこと、そして仲間同士の交流。

 

2つ目は“ひとりよがりではないクラブの確立”を目指し、本来我々の活動に求められていることを再度検証し社会奉仕、青少年奉仕2分野に置いて新しい事業を模索、実施する1年と考えていました。これら2つの目標を、達成する意思は今も変わってはいません。しかし、大きな困難が立ちはだかるこの日常を踏まえた上で、今まさに“新たな機会の扉”を開かねばなりません。現状をよく見据え、本来のロータリークラブの意義を基に掲げた2つの目標の“かたち”は変わるかもしれません。しかし、混沌とした日常の中で常に考え、前進し、我々の活動でできることを精一杯模索し続けたいと考えます。大切な命を、生活を、失いかけている方々が私たちのすぐ近くにたくさんいます。 今だからこそ、共に考え行動しましょう。長くなりましたが以上です。