2019-2020年度クラブ運営方針

「平和親睦(やわらぎむつび)を求めて」

 

~地域社会に誇れる職業奉仕活動を目指す~

2019-2020年度、坂出ロータリークラブ会長を拝命いたしました、杉野忠伸と申します。 若輩者ではございますが、皆様のお力を借りながら精一杯務めさせていただく所存でございます。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

今年度のクラブ運営テーマを、「平和親睦(やわらぎむつび)を求めて」~地域社会に誇れる職業奉仕活動を目指す~とさせていただきました。この「平和親睦」は、ロータリーソング「我等の生業」の歌詞に用いられている言葉です。「親睦」こそ絶対的な価値であり、「つながり」こそ礎である、というロータリー理念の真理に畏れを抱き、私がロータリアンの一員であることに誇りを感じます。ロータリーに入会し、まだ日の浅い私ですが、諸先輩方、そして志を共にする仲間たちとの温かなつながりの中で、学ばせていただける日々に感謝しております。

 

同じ価値観とビジョンのもと、様々な職業(生業)の人々が集い、心を図りあうロータリー。我々一人一人が、自らの職業に誇りを持ちながら、お互いを知り、知恵を学び合う中で、「平和親睦」は実現するのだと思います。そして、この「平和親睦」の心で臨む奉仕の先には、様々な「つながり」が広がるのだと考えます。

 

坂出ロータリークラブにおきましても、この「つながり」を求めて活動をしていきたいと思います。そのためには、まず、会員一人一人が、ロータリアンとしての意義を感じ、お互いの職業倫理を学び合う時間を大切にしなければいけません。また、一人でも多くの仲間を増やすことで、我々自身のつながりの輪を広げなければいけません。さらには、その輪が持つ多様性を活かした奉仕活動を実現しなければいけません。そこに生まれる「つながり」と、その先に広がる「発展」を信じて、一年間活動していきたいと思います。

 

「平成」から「令和」へ。令和元年というこの新しい時代の幕開けとなる年に、いま一度、ロータリーの原点に立ち返り、長い歴史の中で育まれた伝統を継承するとともに、新たな発展の一歩を目指していきたいと思います。皆様のご指導、ご協力をよろしくお願いいたします。